社会貢献活動見本市

社会貢献活動見本市は、豊島区を中心に社会貢献活動に取り組んでいるNPO法人、任意団体、学生サークル、CSR活動を行っている企業などが一堂に会して、日頃の活動内容を発表するとともに、新しいネットワークを築いていく「場」です。
毎年多くの人たちがこの見本市を訪れ、参加団体の展示内容に刺激を受け、個人・団体・企業それぞれのネットワーク拡大に一役買っています。
また、実は私たちの暮らしに身近な社会貢献活動とは何なのかを知り、参加のキッカケを作る大切な「場」でもあります。

平成31年2月に開催した、第13回社会貢献活動見本市までは、旧豊島区勤労福祉会館(現在の豊島区産業振興プラザ)多目的ホールや、豊島区庁舎1階センタースクエアで、約50団体がパネル展示で発表を行い、優秀なパネル展示を行った団体への表彰式と交流会を開催してまいりました。
しかし、令和2年2月29日に開催を予定していた第14回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催を8月22日に延期し、としま区民センターからのYouTubeによるLIVE配信で開催いたしました。また、令和3年2月には、第15回社会貢献活動web見本市として、パネル展示とプレゼンテーションの撮影会を行い、3月23日にパネル展示の審査結果発表と表彰式を開催いたしました。

社会貢献活動見本市は、地域活動団体、NPO法人の活動を多くの民様に知っていただく機会であり、団体間、団体と学校、団体と行政の協働のきっかけ作りにも寄与してまいりました。今後も、地域活動支援のために、社会貢献活動見本市を継続してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

YouTubeのライブ配信による、第14回社会貢献活動web見本市 豊島区高野区長のあいさつ

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る